レーシック セカンドオピニオン

遠慮せずにセカンドオピニオンを求めるべきです

手術を受けた病院の対応に不安を感じたり 症状が改善しなかった場合には、セカンドオピニオンを求めるといいです。
ただ、日本の近視矯正手術の世界は 他の施設で手術を受けた患者には手を出さない という慣例があるため、診察を受けることのできる病院が少ないのが現状です。

 

とはいえ、セカンドオピニオンは、レーシック手術を実施している施設で求めた方がいいです。最近では レーシック手術後のセカンドオピニオンを積極的に受け入れている病院もあるようなので、探してみましょう。

 

セカンドオピニオンを求める際には、医師との相性もありますので、まずは深く考えずに 診察を受けてみることをお勧めします。その際、術前に病院でもらった目のデータシートや現在使用している薬などがあると、スムーズに診察を受けることができます。ただし、踏み込んで治療する際には、手術を受けた病院から 診察情報提供書(紹介状)を発行してもらう必要があります。

 

また、再手術をする場合には、カルテの情報も欠かせません。が、カルテの提供を求めた場合、手術を受けた病院との関係が途切れたり 悪化してしまうかもしれません。ですから、現在の状態を診察してもらうだけであれば、カルテの提出は不要です。